FC2ブログ
07≪ 2018/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018-08-12 (Sun)
「雪晴れ」切り絵図屋清七   藤原緋沙子   文春文庫

内容紹介
江戸の切り絵図屋・清七を主人公に描かれる、書き下ろし時代小説シリーズ第5弾。
絵双紙本屋「紀の字屋」が軌道に乗り、町人として充実した日々を過ごしていた清七。
勘定組頭の父・長谷半左衛門が勘定奉行・谷田部貞勝の不正を暴くため、秘密裏に旅に出ていたが、2カ月が過ぎても戻らず、その身を案じている。
そんなあるとき、父が半月前に飛驒で何者かに襲われ、消息を断ったという報せが入る――。
父の無事を確かめられるのは自分しかいない。清七の行動力が冴えわたる、待望の第5弾!



久しぶりの時代小説でしたが、
シリーズ物でしたし、文字が大きかったので、
すぐに読み終わりました。

今作では切り絵図には一切触れず、
清七の父探しが中心で、継母・兄のことも描かれています。

武士・清七郎としての活躍は頼もしかったですが、
やはり切り絵図屋のほうが読んでいて面白いです。


51Vpjk3Ea9L.jpg



| 藤原緋沙子 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-08-09 (Thu)
「ようこそ授賞式の夕べに」成風堂書店事件メモ邂逅編   大崎梢   東京創元社

内容(「BOOK」データベースより)
今日は年に一度のイベント、書店大賞授賞式の日。成風堂に勤める杏子と多絵は、初めての授賞式参加とあって、華やいだ気分でいっぱいだ。ところが朝の業務を終えて出かけようという矢先に、福岡の書店員・花乃が「書店の謎を解く名探偵」に会いに成風堂を訪れる。書店大賞事務局に届いた不審なFAXの謎を名探偵に解いてほしいというのだ。一方、明林書房の新人営業マン・智紀も、全国から書店員が集まる今日を有意義に過ごすべく、準備万端調えていた。そこへ、他社の営業マン・真柴から、今すぐ来いと呼び出しを受ける。書店大賞事務局長の竹ノ内が、今日のイベントに関わる重大問題に頭を抱えているらしい…。“成風堂書店事件メモ”と“出版社営業・井辻智紀の業務日誌”、両シリーズのキャラクターが勢ぞろい!書店員の最も忙しい一日を描く、本格書店ミステリ。



2つのシリーズのキャラクターが勢ぞろいします。
一日を時間に沿って、交互に話し手となって進んでいきます。

主軸となっている書店大賞は、本屋大賞のようですね。
芥川賞や直木賞の作品は読まなくても、
本屋大賞の作品は、読みたくなってしまいます。
それはやはり身近な書店員さんが選んだ本だから…

この作品はそんな大賞授賞式の裏側も見せてくれました。

別々のシリーズも楽しみですが、
両方のキャラクターの登場する作品をもっと読んでみたいですね!


71YBmCBLIjL.jpg


   
| 大崎梢 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-08-05 (Sun)
「背表紙は歌う」   大崎梢   東京創元社

内容(「BOOK」データベースより)
作り手と売り場、そのふたつを結ぶために。出版社の新人営業マン・井辻智紀は今日も注文書を小脇に抱え、書店から書店へと飛び回っている。しかし取次会社の社員には辛辣な言葉を投げかけられ、作家が直々に足を運ぶ「書店まわり」直前にはトラブルを予感させる出来事が…。井辻くんの奮闘をあたたかな筆致で描いた、本と書店を愛する全ての人に捧げるミステリ短編集第二弾!



作品の題名ではどんな話なんだろう?と想像できなかったことも、
読み終えると、ああそうか!と納得します。

表題作の「背表紙は歌う」が、まさにそうなんです。

どたばたしながらも最後には優しい落ちが待っていて、
どの作品も面白かったです。

最後の作品には成風堂も出てきて、
なぞなぞも楽しませてもらいました!


9784488025366.jpg


| 大崎梢 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-08-02 (Thu)
「平台がおまちかね」   大崎梢   東京創元社

内容(「BOOK」データベースより)
作り手と売り場を結ぶ糸をたくさん鞄に詰め込んで、出版社の新人営業、井辻智紀は今日も本のひしめくフロアへと向かう。―でも、自社本をたくさん売ってくれた書店を訪ねたら何故か冷たくあしらわれ、文学賞の贈呈式では受賞者が会場に現れない!?他社の先輩営業マンたちにいじられつつも、波瀾万丈の日々を奮闘する井辻君の、こころがほっとあたたまるミステリ短編集第一弾。



舞台は書店ですが、
今度は書店員ではなく出版社の営業マンが主役です。

他社の先輩にひつじくんと呼ばれ、その都度訂正している主人公。
一見ひ弱な感じですが、頑張っている姿は好感が持てます。

書店の仕事や出版社の営業の仕事は、知らないことが多く、
勉強になりました。


9784488025281.jpg



| 大崎梢 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-08-02 (Thu)
この前編んだポーチが大きめだったので、
目数を減らしてもう1個編んでみました。

本体を編む時、くさり編みを39目にするところを35目にしました。

出来上がりの幅は19㎝で、ちょうどいいサイズになったと思います。

IMG_0875.jpg


編み図  atelier_matiさんの半円モチーフのポーチ

編み糸  ベーシックコットン
編み針  かぎ針6/0号


| ポーチ・巾着 | COM(0) | | TB(0) | |