12≪ 2017/01 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-01-15 (Sun)
動画では何度も観ていた作品です。
小説でも読んでみました。



「小説・秒速5センチメートル」   新海誠   KADOKAWAダ・ヴィンチブックス

内容紹介
気鋭の映像作家・新海誠が、最新作である連作短編アニメーションを自ら初の小説化!
“どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。"
【第一話】東京の小学校に通う遠野貴樹(たかき)と篠原明里(あかり)。二人は常に一緒にいたが、先に明里が転校し、その後貴樹も転校することに。遠く離れ離れになってしまう前に再会を願うふたり。彼らのうえで永遠と瞬間が交錯し、ふりそそぐ。
【第二話】種子島に暮らす高校三年生の澄田花苗(かなえ)の心を占めているのは、東京から転校して来た貴樹の存在。花苗にとって彼はいちばん身近で遠い憧れ。切なく揺れる思いを抱えながら、花苗にとっての夏が過ぎてゆく。
【第三話】貴樹は大学進学のため上京し、いくつかの恋をし、またそれらを失った。卒業後、ソフトウェア開発企業に就職した貴樹は、仕事で出会った水野理沙(りさ)に惹かれていくが……。

内容(「BOOK」データベースより)
都内の中学に通う遠野貴樹(たかき)の元に、転校してしまった初恋の相手である篠原明里(あかり)からの手紙が届く。一九九五年の冬の終わり。明里との再会を果たすため、貴樹は次第に強くなる雪の中を明里の待つ岩舟駅へと向かう―。十三歳のふたりの上に永遠と瞬間が交差し、ふりそそぐ(『桜花抄』)。一九九九年、高校三年の何もかもうまくいかない夏。種子島に暮らす澄田花苗(かなえ)は、東京から転校してきた貴樹に宿命的な片想いをしている。サーフィンで波に立てた日に貴樹に告白すること。密やかな決意を胸に、花苗は必死に波に向かう(『コスモナウト』)。仕事を終えた深夜の帰宅路、貴樹は灯りの消えた高層ビルを見上げ思う。そんなに簡単に救いが降ってくるわけはないんだ、と―。東京での大学生活、就職してからの水野理紗(りさ)との出会い、いくつかの喪失とささやかな再生。そしてまた、東京に桜の咲く季節が訪れる(『秒速5センチメートル』)。一人で作ったアニメーション作品『ほしのこえ』で鮮烈なデビューを飾った、映画監督・新海誠の初小説作品。



映像の美しさにはかないませんが、
文章もとてもきれいでした。

第1話と第2話は記憶通りの筋書きでしたが、
第3話は記憶違い?
大学以降の恋物語が中途半端で、
ちょっと消化不良気味です。

でもラストシーンが気に入りました!
これから前に進んでいくだろう貴樹が想像できてよかったです。




| 読んだ本・その他 | COM(0) | | TB(0) | |
2016-12-30 (Fri)
君の名は。」   新海誠   角川文庫

内容(「BOOK」データベースより)
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが―。出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。長編アニメーション『君の名は。』の、新海誠監督みずから執筆した原作小説。



映画も観ましたが、小説も読んでみたくなりました。

ほぼ映画と同じでした。

映像を思い浮かべながら読みましたが、
やはり映像の美しさは素晴らしいです!
もう一度、観たくなりました。

RADWIMPSを聴きながらだと、もっとよかったかな(^-^)




| 読んだ本・その他 | COM(0) | | TB(0) | |
2016-12-19 (Mon)
慣れないと読みづらいな…と思いながらも、
2冊一気に読んでしまいました。

地名や武士の地位などにふりがながなかったり、
場所の位置関係がわからなかったりと、
読みにくさはあるものの、内容は面白かったです。

第4弾もリクエストしてあるのですぐに読めると思いますが、
まだまだお話は終わらないようです^^;
シリーズものって、そこが難点なんですよね。



切り絵図屋清七 紅染の雨」   藤原緋沙子   文春文庫 

内容(「BOOK」データベースより)
武家を捨て、町人として生きる決意をした清七郎改め清七。与一郎や小平次らと切り絵図制作を始めるが、絵双紙本屋・紀の字屋を託してくれた藤兵衛から、世話をしているおゆりの行動を探ってくれと頼まれる。男と会って金を渡しているおゆりを見て動揺する清七だったが。江戸の風景を活写する人気書き下ろし時代小説第二弾。





切り絵図屋清七 飛び梅」   藤原緋沙子   文春文庫

内容(「BOOK」データベースより)
江戸の切り絵図制作を始めて一年半。町人として充実した日々を過す清七だったが、ある日、勘定組頭を務める実の父が何者かに襲われる現場に遭遇。勘定所内部に大きな陰謀が進行しているのか―清七が実家に戻ることを望む父、店の主と仲間達、そしておゆりへの思いに揺れ動く清七は果たして。書き下ろしシリーズ第三弾。


| 未分類 | COM(0) | | TB(0) | |
2016-12-10 (Sat)
初めて手にとった作者です。
題名にひかれて図書館で借りてみました。

「切り絵図屋清七 ふたり静」   藤原緋沙子   文春文庫

内容(「BOOK」データベースより)
絵双紙本屋の紀の字屋に出入りする浪人・清七郎は、弱い者を見過ごしにできぬ性分。江戸の町に不慣れな者たちが辛い目に遇っていると知り、自分の足で調べ上げた切り絵図を作りたいと夢を抱く。折しも主の藤兵衛が病に倒れ、清七郎に店を譲りたいと持ちかけられる…。清新な時代小説書き下ろし新シリーズ。



読みなれていない作者の作品は、
慣れるまでとっても読んでいて疲れます。

それでも読み進めるうちに
人物関係がわかってきたりして読みやすくなってきます。

今回の藤原緋沙子さんも
慣れるまで時間がかかりました。

「切り絵図屋清七」という人物の紹介のような作品で、
この後シリーズ化しているので、
ぜひ続きも読んでみようと思います。


71zj6CsU2AL.jpg


| 読んだ本・その他 | COM(0) | | TB(0) | |
2016-11-26 (Sat)
一昨日の初雪の後、昨日はとってもいい天気でしたね。
気温は低かったけれど、とても気持ちのいい一日でした。

イチョウの葉もきれいに黄葉していました(^-^)

_20161126_110900.jpg


あきない世傳 金と銀 源流篇」   高田郁   ハルキ文庫

内容(「BOOK」データベースより)
物がさっぱり売れない享保期に、摂津の津門村に学者の子として生を受けた幸。父から「商は詐なり」と教えられて育ったはずが、享保の大飢饉や家族との別離を経て、齢九つで大坂天満にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ出されることになる。慣れない商家で「一生、鍋の底を磨いて過ごす」女衆でありながら、番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに心を惹かれていく。果たして、商いは詐なのか。あるいは、ひとが生涯を賭けて歩むべき道か―大ベストセラー「みをつくし料理帖」の著者が贈る、商道を見据える新シリーズ、ついに開幕!



高田郁の時代小説、楽しみにしてました!
「みをつくし料理帖」の料理人ではなく、今度は商人。
江戸時代の大坂で、
女の人がいろいろな困難を乗り越えながら育っていく話です。

やっぱり面白くて、一気に読んでしまいました。
でも読み終わってしまうと、今度は次が気になってしかたがありません。

今回もやはり自分の夢を追うために、
恋はあきらめてしまうのかな…
それがちょっと残念です。






| 高田郁 | COM(0) | | TB(0) | |