05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-06-16 (Fri)
「ズパゲッティで編むバッグと小物」の中から、
三角フラップのクラッチバッグの編み図を参考に
ポシェットを編みました。



元の編み図よりも二回りくらい小さくなっています。
最初の作り目が16目のところを12目にしました。

肩ひもは三つ編みにしてナスカンでつけたので、
取り外せばポーチとしても使えます



 編み図  「ズパゲッティで編むバッグと小物」
              三角フラップのクラッチバッグ
 編み糸  Hoooked RIBBON XL
 編み針  かぎ針8mm





| ポーチ・巾着 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-06-13 (Tue)
「ズパゲッティで編むバッグと小物」   Gakken

読んでいる本。。。というより編み物の参考にしている本です。
違うTシャツヤーンでも編んでみたくて、
図書館で借りました。
ズパッゲッティ関連の本はいろいろ出ているんですね。

41S-iP7Oe_L.jpg


今回はズパゲッティと同じHookedのRIBBON XLで編もうと思います。

_20170611_173102-1080x1079.jpg


昨日の高幡不動尊の“あじさいまつり”の写真です。
少しずつ色づいてきて綺麗です♪

20170611_173323.jpg

20170611_173352.jpg

20170611_173421.jpg

20170611_173504.jpg






| 読んだ本・その他 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-06-05 (Mon)
ネットでよく見かけるズパゲッティというTシャツヤーンがあります。
ズパゲッティという糸は、Tシャツやカットソーなど、
アパレルからの廃棄素材をアップサイクルすることで作られた編糸だそうです。
とても極太の糸で、すぐに編み上がるのが魅力です(^-^)

今回はズパゲッティではなく、FABRINという糸で編んでみました。

_20170603_140011-1080x1081.jpg

たしかに編み上がるのは早かったのですが、肩こりになってしまいました^^;
仕方ないですけどね~

_20170604_145440-995x995.jpg

大きさは、長財布もすっぽり入るくらいです。
_20170604_145640-995x995.jpg


 編み図  毛糸ズキ!さんの「3時間で編めるTシャツヤーンのバッグ」参照
 編み糸  FABRIN (リサイクルコットン80% ポリエステル20%)
 編み針  かぎ針12mm
 出来上がりサイズ  横29×縦16×マチ6cm(持ち手含まず)

近所の高幡不動尊であじさいまつりが始まりましたが、
まだまだ色づいていません。
ただし珍しい品種が展示してあって、それはきれいに色づいていました。
20170602坊ヶ鶴テマリ
坊ヶ鶴テマリという品種だそうです。



| バッグ | COM(0) | | TB(0) | |
2017-05-27 (Sat)
「鍵のない夢を見る」   辻村深月   文藝春秋

内容(「BOOK」データベースより)
望むことは、罪ですか?彼氏が欲しい、結婚したい、ママになりたい、普通に幸せになりたい。そんな願いが転落を呼び込む。ささやかな夢を叶える鍵を求めて5人の女は岐路に立たされる。待望の最新短篇集。



泥棒・放火・逃亡者・夢と殺人・誘拐について描かれた
5つの短編、どれも読後は重い気分になりました。
先が見えない女たちの物語がこんなに重いなんて…

村山早紀さんの「海馬亭通信2」よりも前に読み始めていたのですが、
なかなか読み進めなくて後回しになってしまいました。


未来に向かって顔を上げて進んでいける物語が
読んでいてやっぱり楽しいですね。


81V8PmLLtCL.jpg




| 辻村深月 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-05-25 (Thu)
「海馬亭通信2」   村山早紀   ポプラ文庫ピュアフル

内容(「BOOK」データベースより)
人間が大好きで、再び山から降りてきたやまんばの娘・由布が、ちょっと訳ありな風早の街の住人たちとの切なくも心温まる日々を綴った三通の手紙。その十七年後、とある事情から冬休みをこの街で過ごすことになった少年・景が出会う、幻想のような不思議の数々…。風早の古い洋館「海馬亭」を舞台に、過去と現在ふたつの物語が優しく響き合い、美しい奇跡の扉が開く―。著者の初期傑作が長い時を経て、ここに完結。



吸血鬼・龍神・宇宙人…
次は何が出てくるのかな(笑)

突拍子もないものが出てきても、
ここ風早ならあり得るかも!と思えてしまう不思議さがあります。
登場人物がみんな優しいから成り立つ物語ではありますが。

十七年後を描く「眠れる森のオルゴール」にも
幽霊や竜が登場しますが、
それも面白い要素でしかありません。


作者の初期作品だとは思われないほど
面白くて魅力的な作品でした。


51MPAGLRHqL.jpg


| 村山早紀 | COM(0) | | TB(0) | |