06≪ 2018/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018-05-17 (Thu)
「春の旅人」   村山早紀   立東舎

内容(「BOOK」データベースより)
大人気作家・村山早紀の未発表作品を含む3つの短編を数多くの装幀で知られるイラストレーター・げみの世界観に寄り添うやさしいイラストが彩る、華麗な1冊。「花ゲリラの夜」さゆりさんは、いつもポケットに花の種や小さな球根を隠し持っている。散歩のふりをして、町中に種をまくのだけれど…。「春の旅人」夜のゆうえんち。そこで出会ったおじいさんから、ぼくは星をみながらとあるお話を聞くことになった。「ドロップロップ」ドロップロップかんをふるところん―。大人も子どもも楽しめる、カラフルなお話。



作家・村山早紀の名前と、美しい表紙に、
思わず手にしてしまった本です。

中身は、大人の童話ですね。
『花ゲリラの夜』は、普通の女の子が花を通して、
憧れるおとなになれることを教えてくれます。
『春の旅人』は、桜の木の下の夢のようなお話。
『ドロップロップ』はきれいな色の詩でした。

とにかく挿絵がきれいです!


91Z34tZjPFL.jpg

91xKdR3BrZL.jpg

A1UE6hG3KqL.jpg




| 村山早紀 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-03-25 (Sun)
コンビニたそがれ堂 小鳥の手紙」  村山早紀  ポプラ文庫ピュアフル

内容(「BOOK」データベースより)
千花が幼い頃、隣家の庭に不思議なポストがあった。そこに手紙を入れると、なぜか空の上の「あの人」から返事がくる。結婚を控え故郷を離れようとしている千花は、もう一度だけ優しい手紙を読みたくなって…。知らぬ間に見守ってくれていた温かなまなざしの物語、「小鳥の手紙」。春の風早の街を舞台にした二話と、話題作『百貨の魔法』の番外編を収録。大切な探しものが見つかる不思議なコンビニたそがれ堂、大人気シリーズ第7弾!



魔法のようなお話が語り継がれているやさしい街・風早。
そんな街にあるコンビニには狐の神様がいます。

「雪柳の咲く頃に」では、
常連の客が配達を頼むという初めての展開にとまどいましたが、
ねここが大活躍をしていて楽しかったです。
かわいい猫も出てきましたしね^^

表題作の「小鳥の手紙」は、
路地で出会ったふたりが一緒にコンビニを訪れます。
そこにはちょっぴり秘密が…

『百貨の魔法』の番外というよりも、
『コンビニたそがれ堂』と『百貨の魔法』のコラボですね。
好きなお話が重なって、さらに素敵なお話になっていました。


『百貨の魔法』の時には、こんな百貨店に行ってみたいと思いましたが、
それよりも風早の街に行ってみたいと強く感じました!



71LHpe6C7NL.jpg


| 村山早紀 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-12-14 (Thu)
「百貨の魔法」   村山早紀   ポプラ社

内容(「BOOK」データベースより)
時代の波に抗しきれず、「閉店が近いのでは?」と噂が飛び交う星野百貨店。エレベーターガール、新人コンシェルジュ、宝飾品売り場のフロアマネージャー、テナントのスタッフ、創業者の一族らが、それぞれの立場で街の人びとに愛されてきたデパートを守ろうと、今日も売り場に立ちつづける―。百貨店で働く人たちと館内に住むと噂される「白い猫」が織りなす、魔法のような物語!



村山早紀さんの作品によく登場する風早の街にある星野百貨店。
そこは魔法と奇跡が存在する百貨店でした。

登場人物がみんないい人で、優しい人ばかりです。
そしてそれは、つらいことも経験しているからこそなんです。
あたたかな光に包まれるような素敵な作品でした。


金目銀目の白猫に会えたなら、何を願うのでしょうか?
考えるだけでも楽しくなります!!


こんな素敵な百貨店に、行ってみたいです!
クリスマスが近いこの時期は、いつも以上に輝いていることでしょう。



91Tqua9RQ8L.jpg


| 村山早紀 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-10-29 (Sun)
コンビニたそがれ堂 祝福の庭」   村山早紀   ポプラ文庫ピュアフル

内容(「BOOK」データベースより)
本当にほしいものがあるひとだけがたどりつける、不思議なコンビニたそがれ堂。北国の高校を卒業し、いまは街角の洋品店で働くつむぎが、たそがれ堂で手にしたものは―。かつて諦めてしまった夢の続きを描いた「ガラスの靴」、老いた人気漫画家と少女の交流がユーモラスな「神様のいない家」、サンタクロースに手紙を書いた少年たちの物語「祝福の庭」。すべてを突き抜けてあふれだす魔法のようなきらめきと温もり、大人気シリーズ第六弾!



昨年のちょうど今頃に書かれた3作品で、
どれもクリスマスがテーマになっています。

コンビニたそがれ堂には、
1作目が狐の神様で2作目が猫のねここ、
そして3作目には二人(?)ともがいます(^-^)
お馴染みの登場人物がいるだけで嬉しくなりますね。

お話はどれも素敵で、読み終えるのがもったいなくて、
ゆっくりとかみしめるように読んでしまいました。


夢を持つことの素晴らしさ。
夢は願えば叶うんだと信じられるようなお話です。
クリスマスにはピッタリですね!


71eeGyJ8XTL.jpg



| 村山早紀 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-08-20 (Sun)
「カフェかもめ亭 猫たちのいる時間   村山早紀   ポプラ文庫ピュアフル

内容(「BOOK」データベースより)
風早の街、港のそばに佇むかもめ亭。
ある冬、凍てついた風とともに現れた謎めいたお客様が若き主の広海に語るのは、
愛する家族の幸福のため、小さな英雄として生きた黒猫(「猫の魔法使い」)に、
絵が好きな少女と三匹の白猫(「白猫白猫、空駆けておいで」)、
三度生まれ変わり最愛の娘を守ることを願った山猫(「約束の騎士」)と、
なぜか猫にまつわる物語ばかりで―。
その店の紅茶には、魔法の香りがする。人気シリーズ第二弾!



第一弾の「カフェかもめ亭」が残念ながら図書館になく、
第二弾の今作だけの読書になってしまいました。

いろいろなアンソロジーの中から集められた作品を、
連作短編集にしたそうですが、
どの作品も猫と人間の友情が描かれているファンタジーで、
大好きなお話ばかりでしたので、
一作ずつ読み進めるのが惜しいくらいでした(笑)

スケッチブックの絵を見せながら語られる物語に
どんどん惹き込まれていきます。

猫好きの人にはお薦めの作品です!!


71_w7VHI2FL.jpg


| 村山早紀 | COM(0) | | TB(0) | |