08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-08-25 (Sat)
「アイシテル物語5 時の谷間の冒険」  かしわ哲   青い鳥文庫

出版社/著者からの内容紹介
ある日、アイシテルハウスの庭に、伝説の白馬“つかの馬”があらわれた。つかの馬を時の谷間へつれもどさないと、オサナアソビゴコロ星にたいへんなことがおきてしまう。アイシテルたちは、つかの馬をつれて、子どもにしか入れないふしぎな世界へと旅立つ……!楽しい冒険がいっぱいの、書き下ろしファンタジーシリーズ第5弾!



アイシテル物語も5冊目になりました(*^▽^*)
子ども向けの本ですが、
とても楽しく読んでいます♪


アイシテルという名前がどうやってつけられたのかが、
今回わかります。

親が子どもの名前に託す思いは、
いつの時代も、どこの場所でも同じなのですね。



物語の中で、
子ども達は、冒険を通してどんどん成長していきます。

危険だからと止めてしまうのではなく、
あたたかく見守ることも必要なことなのでしょう。
子ども達の力を信じてあげなくては!…と、
あらためて思いました。



息抜きにこういう本は手放せませんね(o^−^o)
まだまだ子ども向けの本、読み続けていきます!!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ 
いつもありがとうございます♪



職場である学童クラブで、
「ポケモン」と「怪傑ゾロリ」の映画を観る機会がありました。

子ども向けの映画なんて、久しぶりでした!
いいえ!映画自体がすごく久々でした!!

子ども達を見守りながらの鑑賞でしたが、
最後にはホロリとする場面もあって、楽しませてもらいました♪


映画もたまにはいいですね(*^▽^*)
| かしわ哲 | COM(2) | | TB(0) | |
2012-07-04 (Wed)
「アイシテル物語 4 まぼろしのスープ」   かしわ哲   青い鳥文庫

出版社/著者からの内容紹介
“まぼろしのスープ”をつくりたいというカーサンの夢をかなえるため、遠いアルパパ村への旅にでたアイシテルファミリー。とちゅうで吹雪にあい、雪にとじこめられたみんなの前に、クイズのすきな巨大な雪玉があらわれて、旅は思いがけない展開に……。オサナアソビゴコロ星を舞台にくりひろげられる、楽しい書き下ろしファンタジー第4弾!



今回の主役は、アイシテルカーサン。
子どもの頃からの夢をかなえようと、旅に出ます。

夢はかなうのでしょうか。



旅の途中、カーサンは雪玉とこんな会話をします。
「家族がぶじで、わたしもアルパパ村へいくことができれば、いちばんいい。」
「あらあら、そんなわがままなおねがいじゃないわよ。あなた、自分のこころをおさえているのね。ダメダメ。そんなことしてたら、こころがコッチンコッチンになってしまうわよ。一度かたまったこころを、もとにもどすのはたいへんなのよ。あなたを見ていると、せつなくなってくるわ。なにかをあきらめてはダメなのよ。だれかの犠牲になってもダメ。あなたもうれしくて、家族もうれしいのがいちばんいいのよ。………」


そして、カーサンが会いたかったラッセルおじさんの言葉、
「そうだね。夢は、それをわかちあう人がいて、はじめてかなうものだね。」




あなたの夢は何ですか?
そして、それをわかちあう人がそばにいますか?

そう自分に問いかけたい…。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ 
いつもありがとうございます♪
| かしわ哲 | COM(2) | | TB(0) | |
2012-06-30 (Sat)
「アイシテル物語 2
           3 ベルベルウッドのひみつ」
 かしわ哲  青い鳥文庫

出版社/著者からの内容紹介

おはなし池のおさなかドロップさんは、お話の名人。ところが、池の水がへってドロップさんの命があぶない!ドロップさん救出隊を結成したアイシテルと仲間たちのゆく手には……?ほかに仮装パーティーの夜の冒険を描く物語の2話を収録。オサナアソビゴコロ星を舞台に、ゆかいな仲間が大活躍する書き下ろしファンタジー第2弾!

風博士にたのまれて、大木ベルベルウッドの病気をなおしにきた、土の子どもボコボコとアイシテル。木の中へまよいこんだふたりは、“マンナカさま”に会うために、2000年の歴史をもつ大木の中心にむかってふしぎな冒険の旅に出発!オサナアソビゴコロ星を舞台に、ゆかいな仲間が大活躍する、新しい書き下ろしファンタジー第3弾!



シリーズが2弾3弾と進むにしたがって、
アイシテルとその友だちとの関係が深くなり、
お互いに影響し合いながら成長していきます。

姿形は異星の子ども達ですが、
その心の中は、みんな同じです。

アイシテル達といっしょに冒険しても楽しいし、
トーサンカーサンの気持ちになって
ドキドキハラハラするのもいいものです。


第3弾の「あとがき通信」のことばが印象に残ったので、
閉じたところに書き写しておきますね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ 
いつもありがとうございます♪ → ReadMore
| かしわ哲 | COM(2) | | TB(0) | |
2012-06-22 (Fri)
「アイシテル物語」   かしわ哲   講談社 青い鳥文庫

内容(「BOOK」データベースより)
オサナアソビゴコロ星に住むアイシテルは、元気な男の子。石ころ型ロボットのイッシーや、土の中でくらすボコボコ、巨大な雲のモココなど、ゆかいな仲間とともに、なぞの人物、風博士をたずねる冒険へ…。心がポカポカ、からだがフワンとなるような、あったかくて楽しい書き下ろしファンタジー。小学中級から。



図書館で柏葉由紀子さんの本を探していて、
その隣に見つけた本。

作者のかしわ哲さんは、元(?)シンガーソングライターで、
昔、ライブを聞きに行ったことがあるんです。

それで読みたくなって借りてきてしまいました( *´艸`)

表紙も可愛いんですよ!
アイシテル物語

アイシテルという男の子がどんな子なのか…
ちょっと不思議な力を秘めているような気がします。

トーサン、カーサンや仲間達に愛される
とっても素直で可愛いアイシテルの物語は、
心をほんわか温かくしてくれました(o^−^o)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ 
いつもありがとうございます♪
| かしわ哲 | COM(4) | | TB(0) | |