FC2ブログ
03≪ 2020/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2019-01-06 (Sun)
「青空と逃げる」   辻村深月   中央公論新社

【内容情報】(出版社より)
深夜の交通事故から幕を開けた、家族の危機。押し寄せる悪意と興味本位の追及に日常を奪われた母と息子は、東京から逃げることを決めたーー。
辻村深月が贈る、一家の再生の物語。読売新聞好評連載、待望の単行本化。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
深夜の電話が、母と息子の日常を奪い去った。疑心、恐怖、そして怒り。壊れてしまった家族が、たどり着く場所はー。母の覚悟と、息子の決意。
 


父親の交通事故がきっかけで、
母と息子・力は逃げる生活を余儀なくされます。

しかしそこには常に空があるのです。

夏休み前から3月末までという1年足らずの日々でしたが、
逃げるという生活の中で、母と息子は成長していきます。

途中でつらいことが起こると、読み手もつらくなります。
けれど最後の青空を見たとき、心も晴れ渡るような気持ちになりました。

母と息子、そして父に幸あれ!


9784120050619.jpg



| 辻村深月 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-08-27 (Mon)
「太陽の坐る場所」   辻村深月   文春文庫

内容(「BOOK」データベースより)
直木賞作家の、痛いほど切ない青春の傷を描く小説。誰にでもある青春の陰にある心の傷に向き合いながらも、生きていくかつての少年所少女たち。
今年もあの子はクラス会に来なかった――。高校卒業から十年。元同級生たちの話題は、人気女優となったキョウコのこと。クラス会に欠席を続ける彼女を呼び出そうと、それぞれの思惑を胸に画策する男女たちだが、一人また一人と連絡を絶ってゆく。キョウコがかたくなに来ないのはあの頃の出来事が原因なのか…...? 思い当たるのは、幼くも残酷だった日々の出来事。謎に迫るうちに、えぐりだされる過去の傷。教室内の悪意や痛み、十年後の葛藤、挫折そして希望を鮮やかに描く。解説・宮下奈都。



高校時代と、10年後である現在。
それぞれ秘密を抱えている登場人物たちです。
その秘密のせいか、序盤はわかりにくかったですが、
読み進めてわかってくると面白くなってきました。
(それでも何度も前のページに戻って読み返してしまいましたが)

高校時代ってこんななのかな?
ドロドロしすぎている気もします。
同窓会でその場にいない人のことを噂するのも、
悪口ばかりだなんて寂しすぎますね。

題名の「太陽」は、作品の中に出てくる天の岩戸と、
体育館倉庫の場面とを掛けたものでしょうか。



61fW03y8QTL.jpg



| 辻村深月 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-08-18 (Sat)
「かがみの孤城」   辻村深月   ポプラ社

内容紹介
あなたを、助けたい。
学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。



不登校の中学生7人が、鏡を通って城のような建物に導かれます。
そこで彼らは友情を育てていきますが、
主人公こころをはじめ7人には、それぞれ語られない事情があるのです。

最後にはすべてが明かされますが、
何となく予想していた通りの結末でした。

それでも、中学生の彼らのみずみずしさ・切なさが伝わってくる
素敵な物語でした。


もう一人の登場人物オオカミさまも、気になる存在ですよね!


714DYoonI2L.jpg


| 辻村深月 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-05-27 (Sat)
「鍵のない夢を見る」   辻村深月   文藝春秋

内容(「BOOK」データベースより)
望むことは、罪ですか?彼氏が欲しい、結婚したい、ママになりたい、普通に幸せになりたい。そんな願いが転落を呼び込む。ささやかな夢を叶える鍵を求めて5人の女は岐路に立たされる。待望の最新短篇集。



泥棒・放火・逃亡者・夢と殺人・誘拐について描かれた
5つの短編、どれも読後は重い気分になりました。
先が見えない女たちの物語がこんなに重いなんて…

村山早紀さんの「海馬亭通信2」よりも前に読み始めていたのですが、
なかなか読み進めなくて後回しになってしまいました。


未来に向かって顔を上げて進んでいける物語が
読んでいてやっぱり楽しいですね。


81V8PmLLtCL.jpg




| 辻村深月 | COM(0) | | TB(0) | |
2014-03-23 (Sun)
ご無沙汰しています。
編み物も少しはしているのですが、なかなか思い通りのものが編めないでいます。

編み物をしたり、パズルをしたり、音楽を聴いたり、
だらだらとした毎日を過ごしています。

そんな中、ブクログの「今週の本ランキング」に入っていた作品を読みました。
表紙が漫画みたいだな~と思ったら、中学生向けの本でした(笑)



「サクラ咲く」   辻村深月   光文社

内容紹介
1年5組の塚原マチは、図書室で一冊の本を手に取った。パラパラとめくると本から一枚の紙が滑り落ちる。そこにはていねいな文字で「サクラチル」と書かれていた。書いたのは、クラスメイト? 一体誰が、何を伝えようとして――?エンタメ界大注目の俊英が児童小説に初挑戦!



表題作の「サクラ咲く」を含む3編の短編集です。

1作目の「約束の場所、約束の時間」はタイムスリップを扱ったSFで、
辻村深月ってこんなものも書くんだ…という感じでした。
一言でいうと、陸上部の男の子の友情物語です。
(一言でいっていいのかな?^^;)

2作目の「サクラ咲く」は本に挟まれたメモをきっかけにして、
主人公の女の子の周りの中学生たちが描かれています。
「サクラチル」で始まった物語。。。
最後は題名通りにサクラが咲いてくれてホッ!

3作目の「世界で一番美しい宝石」は高校の図書室が舞台になります。
伏線として、1・2作目の登場人物が大人になって出てくるのが嬉しいです。


地味、真面目、いい子と言われる本好きの子どもたち。
本当はそんな風に言われたくないって思い続けています。
でもそれを声にすることができないジレンマ。

中学生に読んでもらいたい本でした。

サクラ咲く (BOOK WITH YOU)サクラ咲く (BOOK WITH YOU)
(2012/03/17)
辻村 深月

商品詳細を見る





にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ  
いつもありがとうございます♪

| 辻村深月 | COM(2) | | TB(0) | |