04≪ 2007/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-05-31 (Thu)
37ef.jpg

ずっとご無沙汰だったトールペイントを再開しました。

6月の末には「ぴーちくぱーちく」のショップが開かれます。

そのための絵を描き始めたのですが その合間にポーセラーツに挑戦!!

ポーセラーツとは白い陶磁器に絵を描いて焼き付けるものです。

ところが私が挑戦したのは シール貼り!(笑)

専用のシールをただ貼るだけなのに 結構個性が出るんですよ。

今日 焼き上がったカップを受け取りましたが 私なりに満足♪

他の人のを見ると シールがいっぱい貼ってあります。

私のはちょっぴりシンプル過ぎたかな? 

でも私らしいカップになりました^^

大好きな猫を中心に 小さな花を散らせてみました。

どう? 可愛いでしょ!!

| ポーセラーツ | COM(0) | | TB(0) | |
2007-05-30 (Wed)


恩田陸の本を読んでいたらルネ・マグリットの名前が出てきて
そういえば さだまさしにもマグリットの曲があったと思い出した。
上の絵は ルネ・マグリットの「ピレネーの城」。
この絵を題材にした藤子不二雄の漫画「マグリットの石」があることを
今回調べていて初めて知った。




「マグリットの石」    作詩・作曲 : さだまさし


あいそ笑いで生きるより
ののしりの中で死にたい
そう吐き捨てて遠くを見てた
まなざしがとても恋しい

生まれ乍らに与えられた
ものなんてほんのわずかなもの
嘘で磨いた輝きよりも
真実のまま錆びた魂が欲しい
お前の口癖だったそんな
とがった言葉達が いまさら
熱く俺の胸を揺さぶる
やっと時代がお前に追いついた
あいそ笑いで生きるより
ののしりの中で死にたい
そう吐き捨てて遠くを見てた
まなざしがとても恋しい

輝くのは一度だけでいい
砕け散る そのひとときだけで
売り渡してたまるか このプライド
お前の声が今でも 聴こえるようだ
マグリットの石は俺達の
時代を見すかして笑ってる
お前はデ・ラ・ラ・マンチャの様に
風車に戦いを挑んでた
今初めて俺にあの時の
お前の叫びが伝わる
お前は夢を手にする為に
生命懸けで生き抜いたんだね
嘘で磨いた輝きよりも
真実のまま錆びた魂
売り渡してたまるか このプライド
やっとお前が時代に伝わった
| ひとりごと | COM(0) | | TB(0) | |
2007-05-29 (Tue)


最近よく見かける黄色い花。
花壇や道端にも咲いている。
秋に咲くキバナコスモスと似ている。
名前は「オオキンケイギク」 漢字で書くと大金鶏菊である。
この写真の花にはバッタの子どもが・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『季節の花 300』より

・菊(きく)科。
・学名 Coreopsis drummondii(金鶏菊)
Coreopsis lanceolata(大金鶏菊)
Coreopsis : ハルシャギク属
drummondii : 南米の採集家
「ドラモンド」さんの
lanceolata : 披針形の
Coreopsis(コレオプシス)は、ギリシャ語の
「coris(南京虫)+ opsis(似ている)」が語源で、
実の形が南京虫に似ているという意味。
(南京虫=床虱(とこじらみ))


・開花時期は、 5/20頃~ 8/10頃。
・北アメリカ原産。明治時代に渡来。
・美しい花の色、姿、大きさなどから、
「金鶏(きんけい:体の黄色い鳥)」を想像して
命名された。
・「金鶏菊」は花の中央部まわりに紫色の模様があるが、
「大金鶏菊(おおきんけいぎく)」にはそれがない。
・花のつぼみがまん丸なのが特徴的です。
・別名 「コレオプシス」 学名から。

| ひとりごと | COM(0) | | TB(0) | |
2007-05-28 (Mon)
「卒業」   重松清  新潮文庫  5/28読了

  「まゆみのマーチ」「あおげば尊し」「卒業」「追伸」の4篇の短編集。
  4篇とも死を描きながら、許すこと許されることが書かれている。
  かつて登校拒否であった妹と今学校に行けないでいる息子・・・
  死に興味を持つ生徒と、病の床にいる元教師の父・・・
  身籠っている妻を残して自殺した友人と、その娘・・・
  ガンで死んだ母と、後妻にきた義母・・・
  
  卒業の後に続く出発に向け、心を通わせる人々に共感し、
  読後、心が温かくなった。

  学校に行けるまで「まゆみが好き」と歌い続けてくれたという母の歌。
  生徒に厳しかった父への「あおげば尊し」の合唱の声。
  死よりも生を選んだ娘を見届ける義父の穏やかな微笑み。
  ずっと言えなかった「お母ちゃん」という言葉。

  許すことは難しいけれど、
  許すことができなければ、生きていくのは辛い。

| 重松清 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-05-27 (Sun)

以前に友達に紹介されて感動しました。
とても素敵な文章です。
小学校の教科書にも載っているそうです。




「21世紀に生きる君達へ」 司馬 遼太郎

 

私は、歴史小説を書いてきた。
もともと歴史が好きなのである。
両親を愛するようにして、
歴史を愛している。

歴史とはなんでしょう、と聞かれるとき、
「それは、大きな世界です。
かって存在した何億という人生が
そこにつめこまれている世界なのです。」
と、答えることにしている。
私には、幸い、
この世にたくさんのすばらしい友人がいる。
歴史の中にもいる。
そこには、この世で求めがたいほどに
すばらしい人たちがいて、
私の日常を、はげましたり、
なぐさめたりしてくれているのである。
だから、私は少なくとも
二千年以上の時間の中を、
生きているようなものだと
思っている。

この楽しさは、もし君たちさえ
そう望むならおすそ分けしてあげたいほどである。
ただ、さびしく思うことがある。
私が持っていなくて、
君たちだけが持っている大きなものがある。
未来というものである。
私の人生は、
すでに持ち時間がすくない。
例えば、二十一世紀というものを
見ることができないにちがいない。
君たちは、ちがう。
二十一世紀をたっぷり見ることができるばかりか、
そのかがやかしいにない手でもある。
もし「未来」という町角で、
私が君たちを呼びとめることができたら、
どんなにいいだろう。

「田中君、ちょっとうかがいますが、
あなたが今歩いている二十一世紀とは、
どんな世の中でしょう。」
そのように質問して、
君たちに教えてもらいたいのだが、
ただ残念にも、
その「未来」という町角には、私はもういない。
だから、君たちと話ができるのは、
今のうちだということである。
もっとも、私には二十一世紀のことなど、
とても予測できない。

ただ、私に言えることがある。
それは、歴史から学んだ人間の
生き方の基本的なことどもである。
昔も今も、また未来においても変わらないことがある。
そこに空気と水、それに土などという
自然があって、人間や他の動植物、
さらには微生物にいたるまでが、
それに依存しつつ生きているということである。
自然こそ不変の価値なのである。
なぜならば、人間は
空気を吸うことなく生きることができないし、
水分をとることがなければ、かわいて死んでしまう。

さて、自然という「不変のもの」を
基準に置いて、人間のことを考えてみたい。
人間は、― くり返すようだが ―
自然によって生かされてきた。
古代でも中世でも
自然こそ神々であるとした。
このことは、少しも誤っていないのである。
歴史の中の人々は、自然をおそれ、
その力をあがめ、自分たちの上にあるものと
して身をつつしんできた。
この態度は、近代や現代に入って
少しゆらいだ。
人間こそ、いちばんえらい
存在だという、思いあがった考えが
頭をもたげた。
二十世紀という現代は、ある意味では、
自然へのおそれがうすくなった
時代といっていい。
同時に、人間は決しておろかではない。
思いあがるということとは
およそ逆のことも、あわせ考えた。
つまり、私ども人間とは
自然の一部にすぎない、というすなおな考えである。
このことは、古代の賢者も考えたし、
また十九世紀の医学もそのように考えた。
ある意味では、平凡な事実にすぎない
このことを、二十世紀の科学は、科学の事実
として、人々の前にくりひろげてみせた。

二十世紀末の人間たちは、
このことを知ることによって、
古代や中世に神をおそれたように、
再び自然をおそれるようになった。
おそらく、自然に対しいばりかえっていた時代は、
二十一世紀に近づくにつれて、
終わっていくにちがいない。
「人間は、自分で生きているのではなく、
大きな存在によって生かされている。」
と、中世の人々は、
ヨーロッパにおいても東洋においても、そのように
へりくだって考えていた。
この考えは、近代に入ってゆらいだとはいえ、
右に述べたように、近ごろ再び、
人間たちはこのよき思想を
取りもどしつつあるように思われる。
この自然へのすなおな態度こそ、
二十一世紀への希望であり、
君たちへの期待でもある。
そういうすなおさを君たちが持ち、
その気分をひろめてほしいのである。
そうなれば、
二十一世紀の人間は、よりいっそう自然を
尊敬することになるだろう。
そして、自然の一部である人間どうしについても、
前世紀にもまして尊敬し合う
ようになるのにちがいない。
そのようになることが、
君たちへの私の期待でもある。

さて、君たち自身のことである。
君たちは、いつの時代でもそうであったように、
自己を確立せねばならない。
―自分に厳しく、相手にはやさしく。
という自己を。
そして、すなおでかしこい自己を。
二十一世紀においては、
特にそのことが重要である。
二十一世紀にあっては、科学
と技術がもっと発達するだろう。
科学・技術が、こう水のように
人間をのみこんでしまってはならない。
川の水を正しく流すように、
君たちのしっかりした自己が、
科学と技術を支配し、
よい方向に持っていってほしいのである。

右において、私は「自己」ということを
しきりに言った。
自己といっても、自己中心におちいってはならない。
人間は、助けあって生きているのである。
私は、人という文字を見るとき、
しばしば感動する。
ななめの画がたがいに支え合って、
構成されているのである。
そのことでも分かるように、
人間は、社会をつくって生きている。
社会とは、支え合う仕組みということである。
原始時代の社会は小さかった。
家族を中心とした社会だった。
それがしだいに大きな社会になり、
今は、国家と世界という社会をつくり、たがい
に助け合いながら生きているのである。
自然物としての人間は、
決して孤立して生きられるようには
つくられていない。
このため、助け合う、ということが、
人間にとって、大きな道徳になっている。

助け合うという気持ちや行動のもとのもとは、
いたわりという感情である。
他人の痛みを感じることと言ってもいい。
やさしさと言いかえてもいい。
「いたわり」
「他人の痛みを感じること」
「やさしさ」
みな似たような言葉である。
この三つの言葉は、
もともと一つの根から出ているのである。
根といっても、本能ではない。
だから、私たちは訓練をしてそれを身につけねば
ならないのである。
その訓練とは、簡単なことである。
例えば、友達がころぶ。
ああ痛かったろうな、
と感じる気持ちを、そのつど自分の
中でつくりあげていきさえすればよい。
この根っこの感情が、
自己の中でしっかり根づいていけば、
他民族へのいたわりと
いう気持ちもわき出てくる。
君たちさえ、そういう自己をつくっていけば、
人類が仲よしで暮らせる時代
になるのにちがいない。
鎌倉時代の武士たちは、
「たのもしさ」ということを、たいせつにしてきた。
人間は、いつの時代でも
たのもしい人格をもたねばならない。
人間というのは、男女とも、
たのもしくない人格にみりょくを感じないのである。

もう一度くり返そう。
さきに私は自己を確立せよ、と言った。
自分に厳しく、相手にはやさしく、とも言った。
いたわりという言葉も使った。
それらを訓練せよ、とも言った。
それらを訓練することで、
自己が確立されていくのである。
そして、“たのもしい君たち“
になっていくのである。

以上のことは、いつの時代になっても、
人間が生きていくうえで、欠かすことが
できない心がまえというものである。

君たち。
君たちはつねに晴れあがった空のように、
たかだかとした心を持たねばならない。
同時に、ずっしりとたくましい足どりで、
大地をふみしめつつ歩かねばならない。
私は、君たちの心の中の最も美しいものを
見続けながら、以上のことを書いた。
書き終わって、君たちの未来が、
真夏の太陽のように
かがやいているように感じた。

| ひとりごと | COM(0) | | TB(0) | |