08≪ 2008/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-09-22 (Mon)
こぎん刺しの巾着、仕上がりました。
大きさがわかるようにPCに乗せて写真を撮ったのですが、
ちょっと暗いですね。
これで今月の分は出来上がったので、次のキットが届くまで一休みです。

10862.jpg
| こぎん刺し | COM(0) | | TB(0) | |
2008-09-20 (Sat)
昨日から宮部みゆきの「楽園」を読んでいるのですが、
これが重い話なのです。
一気に読みたい気持ちはあるけれど、
重過ぎて休み休みになってしまいます。
それで読書の合間にこぎん刺しをちょこっとしたり、
こうやってPCを開いたり・・・
          
10798.jpg
        
右下の模様をあと三箇所にも刺繍すれば、デザインの完成です。
刺繍は順調にできているのですが、
これを巾着に仕上げるのに何日かかることやら・・・
裏地を裁って、それぞれを袋状にして、縫い合わせて・・・
考えただけで、疲れます。
途中経過だけで終わらないようにしなくてはね~^^;
| こぎん刺し | COM(0) | | TB(0) | |
2008-09-18 (Thu)

燃え上がる 情熱の火を 隠すよに ひっそりと咲く 曼珠沙華の花


         
  10728.jpg
  10729.jpg
         
         
今日は週に1~2回行っているボランティアの日でした。
その場所までは市内を流れる川を渡って、徒歩20分ほどで着きます。
途中にある公園には彼岸花が群生して咲いていて、とても綺麗です。
お彼岸も近いということで写真を撮ろうとカメラを持って出かけましたが、あいにくの雨・・・
もともと下手な上に傘を差してだったので、あまり綺麗には撮れていませんね。
花自体もまだ蕾が多く、これから満開になったらもっと綺麗になると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

季節の花 300」より
       ・彼岸花(ひがんばな)科。
       ・学名 Lycoris radiata
    Lycoris : ヒガンバナ属
     radiata : 放射状の舌状花をもつ
       Lycoris(リコリス)は、ギリシャ神話の海の女神 「Lycoris」の名前か  
        ら採ったもの。
        花がとても美しいことから。
       ・開花時期は、 9/15頃~ 9/ 末頃。
       ・原産地中国。
       ・ちょうど秋のお彼岸の頃に咲く。
       ★彼岸と此岸(しがん)
         彼岸 = 浄土(向こう岸。仏様の理想郷)
         此岸 = 現世(こちら側の世の中。迷いが満ちた世界)
       ・突然茎が伸びてきて鮮やかな色の花を咲かせ、
       数日で花が終わって茎だけになる。
       花が白い種類もある。 (白花曼珠沙華(しろばなまんじゅしゃげ))。
       ・花のあとで葉が伸びてくるが、冬と春を越して
       夏近くなると全く消えてしまう(不思議♪)。
       花と葉を同時に見ることはできない。
       葉のあるときには花はなく、 花のときには葉がない。 このことから    
        韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶ。
       「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から。
       ・根のところにはリコリンという毒があるが、
       この毒は水で何回もさらせばとれるので昔の人はこの根の部分から              
        デンプンをとって飢饉の際の食料とした。
       ・田んぼのあぜ道や土手に多くみかけるが、これはノネズミがあぜ道  
        や土手に穴を開けるのを、彼岸花の毒性のある球根を植えることで  
        防ぐ、という説と、彼岸花の根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に  
        植えてあぜの作りを強くするため、などの説がある。
       ・別名 「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)。
     ”天上の花”という意味。
        おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から
       ふってくるという仏教の経典による。   
| ひとりごと | COM(0) | | TB(0) | |
2008-09-15 (Mon)
10554.jpg

一人でいても楽しくいられるようにと始めた“こぎん刺し”。
1作目が完成しました。
若い頃はクロスステッチなどをしたこともありましたが、久々に針を手にしました。
材料キットに入っている額に納めると、
結構サマになっています(自画自賛ですが^^;)。
もう老眼も始まりかけているので目数を数えるのは大変でしたが、
できあがると嬉しいものですね。
次は巾着を作るのですが、縫い物が苦手なので刺繍だけで終わりそうな予感が・・・


「こぎん刺し」とは・・・
江戸時代、津軽地方の農民の女性が保温と補強のために、布に木綿糸で刺し子をしたのが始まりとされるこぎん刺し。もともとは藍染の麻布に白の木綿糸で刺していましたが、今日では用途に応じて木綿やウールなども使われており、色も多様になっています。布の織り目に沿って、一針一針刺された素朴な美しい幾何学模様が特徴です
| こぎん刺し | COM(0) | | TB(0) | |