10≪ 2010/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010-11-29 (Mon)
「霧の訪問者」   田中 芳樹    講談社

薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズの一冊。

ドラよけお涼と呼ばれる警視庁のキャリア官僚が主役の
痛快なお話である。

書き手である部下の警部補とのドタバタが楽しい。

このシリーズは何冊か読んでいるが、
どれを読んだのかすぐに忘れてしまう。
今回も、息子に「それ、読んだよ」と言われ、
「まさか」と思いながら読み始めたが、
やっぱり読んだことがあった。
でも内容もすっかり忘れていたので、
もう一度読み直した。

「霧の訪問者」という題名通り、
最後に霧の中に訪問者があらわれる。
軽井沢の涼しい風の中で起きた奇怪な事件。
いっきに読んでしまうほど、面白かった。


次は同じ本を借りてこないように気をつけよう!
| 田中芳樹 | COM(0) | | TB(0) | |
2010-11-29 (Mon)
植村花菜さんの歌う「トイレの神様」。
9分以上の長い曲を紅白で歌うということで話題になりました。




そして今度は北乃きい主演でドラマ化されるそうです。


曲については賛否両論あるようですが、私は素直に聴きたいと思います。
孫がおばあちゃんに言われた「トイレをぴかぴかにすると別嬪さんになれる」という言葉を信じてトイレ掃除をするという微笑ましいお話でいいと思うんです。
そこには、孫とおばあちゃんとの心の繋がりが感じられます。


私も祖母が入院している時、子どもが幼かったこともあり、すぐにはお見舞いに行けませんでした。
そしてお見舞いに行った二日後に亡くなりました。
この曲を聴きながら、そんなことを思い出しました。


メロディは単調ですが、とても優しい歌声です。
| 音楽 | COM(0) | | TB(0) | |
2010-11-27 (Sat)
昨日、買い物に行って、スケジュール帳を買ってきました。

年によって、買うものはバラバラですが、

なんとなく猫柄が多くなってしまいます。

今回は猫の写真にひとことが添えられているものです。

以前にも同じ手帳を使っていたことがあるのですが、

書かれている言葉がお気に入りです。

今年の12月に添えられた言葉は、

「今年できなかったことは

来年やればいいんだもん」



猫らしくっていいと思いませんか?(^-^)v
| 猫グッズ | COM(1) | | TB(0) | |
2010-11-24 (Wed)
「君と会えたから……」    喜多川 泰    Discover



この本は自己啓発書です。

けれど題名で感じるように小説形式で書かれているため、

とても読みやすかったです。



もう人生の半ば以上を終えてしまっている私には、

ちょっとピンとこないというか、

ありきたりの教えとしか思えません。

でも若い人達、

特に主人公と同じ高校生が読むには、

とてもいい本だと思います。





あとがきに書かれている

「あなたは今生きている。

だから、なんだってできるんだ!」

この言葉に全てが込められているような気がします。
| 読んだ本・その他 | COM(0) | | TB(0) | |
2010-11-23 (Tue)
朝の雨が上がった後、お散歩に行きました。
風は強かったけれど、日差しが暖かかったです。

近所のお寺は紅葉がみごとで、
写真を撮りに来てる人がいっぱい!
私もお気に入りの場所で撮ってきました。



これはまるで信号機のようです♪


夜は道路いっぱいにろうそくを並べた「もみじ灯路」。
今年は5回目ということもあって、準備は手馴れたものです。
多くの人たちが訪れました。



燃え上がり 我が身を焦がす 篝火も
     季節(とき)移ろいて 灯路の灯となる

| ひとりごと | COM(0) | | TB(0) | |