03≪ 2011/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2011-04-30 (Sat)
今はブログの引越しが簡単になりましたね。
私も、先日、他のブログから引っ越してきたばかりです。
以前のブログの分は、
行間が開いていて見づらいところもありますが、
そのままになっています。

そしてまた今日、
それ以前に書いていたブログも引越ししてきました。
書き方などずいぶん変わってはいましたが、
その頃の私が、そこにいました。
整理しきれてはいませんが、とても懐かしかったです。

自分で撮った花の写真も、
消えることなく引越しできていました。

そして見つけた「はなうらない
今日もやってみました!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの心に咲いている花は
カスミソウです!
<花言葉 清い心>
 
■コメント
あなたの心の奥に咲いている花はカスミソウです。
白い小さな花をたくさんつけるカスミソウ一つ一つの花に派手さははありませんが、たくさん集まると、ふわっとして何だかとても優しい花束になります。あなたはこのカスミソウの花の様にやさしい人です。いつも誰かを思いやり、やさしく包んでいます。でも他人の事ばかり気にしていると自分の事がおろそかになりカスミソウが他の花の引き立て役になるようにあなたも誰かの引き立て役になっちゃうかも・・・。
だから、あなたは自分の事をまず一番に考えて下さい
それから次に他の人の事を考えるようにして下さい
そして、あなたに対して忘れないでいてほしいことはカスミソウの花一輪は小さいけど、たくさん花が集まると、どんな花の花束より綺麗な花束になるということを・・・。
 
■カスミソウにまつわる豆知識、エピソード
英名では Baby's Breath (赤ちゃんの吐息)という可愛らしい名前がついています。その名の通りこの花の一つ一つを見ていると赤ちゃんの息づかいが聞こえてきそうですね。

実はカスミソウを畑で育ててみた事があります。特に手入れなどしていませんが宿根草なので毎年毎年同じ所からニョキニョキ茎が出て葉を出し花が咲きます。(茎が伸びすぎてしまうので支柱だけは付けてやりますが)
土壌の過湿と酸性だけに気をつければ素人でも十分育てる事が可能だそうです。


| ひとりごと | COM(1) | | TB(0) | |
2011-04-28 (Thu)
春の暖かさを通り越して、まるで夏のような陽射しでしたね。
そんな中で、道端に咲く花がきらきらと輝いて見えました。

  2011042809010000.jpgタンポポ
  2011042809030000.jpg紫カタバミ
  2011042809050000.jpg八重ヤマブキ
  2011042809060000.jpg白ヤマブキ
  2011042809070000.jpgムラサキツユクサ
  2011042809080000.jpgハナミズキ
  2011042809080001.jpgドウダンツツジ

最近は携帯でしか写真を撮らなくなりました。
でも雰囲気は伝わるでしょうか?




| ひとりごと | COM(0) | | TB(0) | |
2011-04-27 (Wed)
FamilyMart と DREAMS COME TRUE とのコラボでできたスイーツ
シューフォレスト」。

昨日、息子がもう一品の「スイートムーン」を食べていたのを見て、
私も食べたくなりました。
でも買いに行くと「シューフォレスト」のほうが美味しそう!!

       hc0g74000006fx5y.jpg
   
昼食後のデザートに食べましたが、
イチゴの酸味があって、甘すぎず、とても美味しかったです。

別腹とはいいますが、ちょっとお腹が苦しいです。
食べすぎだったかしら・・・


この商品は、売り上げの一部を義援金として寄付するそうです。
たとえ少しでも、役に立てたら嬉しいですよね。


| ひとりごと | COM(0) | | TB(0) | |
2011-04-24 (Sun)
たちかわ手芸部の部活動に参加してきました。
3月は震災後のため休止していたので、久々です。
会場はいつものクラウドカフェで、
お友達の家に遊びに行ったような雰囲気が大好きです。
今までは編み物主体でしたが、
今日は部員の方が教えてくれるアートフラワーでした。

母の日用にカーネーションのコサージュを作るということでしたが、
私は自分のために作ってきました。
生地を染色したキットを用意してくれてあったので、
一日で仕上がったのが、嬉しかったです。
キットは3色ありましたが、私は迷わず紫をゲット!
   2011042416080001.jpg

出来上がった後は、みんなでパンを食べながらのおしゃべりタイム♪
パンも部員の手作りで、桜あんパンでした。
ほんのりピンク色をした美味しいパンでした。
   2011042416080000.jpg

| 手芸・その他 | COM(2) | | TB(0) | |
2011-04-23 (Sat)
「想い雲」みをつくし料理帖    高田 郁   ハルキ文庫

澪という女料理人が、季節に合わせていろいろな料理を考える。

舌だけでなく、目でも味わえる料理。
その料理を思い浮かべるだけでも楽しい。

今の時代、旬ではなくても食べられるものが多い。
それをその旬の時にしか食べられないというのは、
つまらないかもしれないが、とても素敵に思える。

『豊年星』 「う」尽くし
   土用の丑の日に出す料理「う」尽くし。
   鰻は高価で庶民がたやすく食べられないので、
   代わりに考え出したものである。
   卯の花和え、梅土佐豆腐、瓜の葛ひき、埋め飯。
   どれも手が込んではいるが、身近な食材でできているのがいい。
   赤く輝く豊年星は、ご寮さんの珊瑚の簪と似ている。
   大切な簪。お金に替えるために手放してしまった簪。
   その赤い色が切ない。
『想い雲』 ふっくら鱧の葛叩き
   今は吉原にいる幼なじみを思って作る料理。
   ふたりはお互いを思いながら、会うことができない。
   そんなふたりのことを春樹暮雲のようだと言われる。
   蛤を片貝ずつ持つふたり。いつか逢わせて上げたい。
『花一輪』 ふわり菊花雪
   山芋に菊の花を入れたら綺麗だろう。
   目に見えるような気がする。
   澪が手折ろうとして折れずに、根元から抜けてしまった駒繋ぎ
   移しかえた先で、健気に咲いていた。
   そんな駒繋ぎの花に似ていると想い人に言われた澪は、
   どんなに嬉しかっただろう。
『初雁』 こんがり焼き柿
   妹のような奉公人ふきの弟がいなくなる。
   ふきは心配のあまり、何ものどを通らない。
   そんなふきに柿を焼いてあげる澪。
   柿を焼いて食べるというのは知らなかった。
   でもとても美味しそう。

時代小説は、宮部みゆきのものしか読んでいなかったが、
この高田郁の作品は読みやすくていい。
今の日本にはない美しさのようなものが伝わってくる。
読み終わった後に、穏やかな気持ちになれるのも嬉しい。

| 高田郁 | COM(0) | | TB(0) | |