03≪ 2015/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-04-26 (Sun)
ご無沙汰しています。
ブログを書かない間に、桜の花も散ってしまいましたね。

でも八重桜がまだ綺麗に咲いていました♪
DSC_0017.jpg DSC_0018.jpg

そして花壇にはオダマキの花が…(^-^)
DSC_0015.jpg DSC_0016.jpg




「トオリヌケキンシ」   加納朋子   文藝春秋

内容紹介
人生の途中、はからずも厄介ごとを抱えることになった人々。でも、「たとえ行き止まりの袋小路に見えたとしても。根気よく探せば、どこかへ抜け道があったりする。」(「トオリヌケ キンシ」より)他人にはなかなかわかってもらえない困難に直面した人々にも、思いもよらぬ奇跡が起きる時がある――。短編の名手・加納朋子が贈る六つの物語。



久しぶりに単行本を読みました。
私が一番好きな作家・加納朋子さんの作品です。
期待は裏切られず、読み終わった後には癒され元気をもらえるような気がします。

6つの短編。
でもどこかで繋がっている部分も…

それぞれに心や身体に病(?)を抱えていながら、最後には救われる人々。
内容紹介には奇跡と書かれていますが、
奇跡というよりも、周りの人々の優しさや温かさに救われたお話だと感じました。

どの短編もどんでん返しのような意外な結末で、
その終わり方が謎解きのようで加納朋子さんらしいです。



トオリヌケ キンシトオリヌケ キンシ
(2014/10/14)
加納 朋子

商品詳細を見る




| 加納朋子 | COM(0) | | TB(0) | |