02≪ 2017/03 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-03-20 (Mon)
「黄金旋律」   村山早紀   PHP文芸文庫

内容(「BOOK」データベースより)
「約束するよ。いつかきっと、ぼくがきみを助ける」優は、臨に誓うように言った。―医師をめざす少年・臨の家に同居することになった、弱気で引っ込み思案の従兄弟・優。しかし臨の家庭も、かつて事故で兄・律が亡くなったことが影を落としていた。それでも明るく振る舞う臨だったが、その限界を迎えた時、思わぬ出来事が…。少年たちの勇気と友情が、温かい感動とさわやかな興奮を誘う冒険物語、開幕。



読み始めた時、以前読んだことがあるような気がして
いろいろ過去の備忘録を探してみましたが見つからず…
読み進めるうちに既読感もなくなりました。
あれは何だったのでしょうか。
読みかけて止めてしまったのかな~

第一章の「廃墟の夢」の後半から第二章の「復活」まで
涙涙の連続でした^^;
子を持つ親の気持ち、親に好かれたいと思う子の気持ち。。。
痛いほどよくわかります。

第三章の「光」になって、ようやく冒険小説らしくなってきます。
ここからはわくわく感が味わえますが、
今度は、次はどうなるのだろうという気持ちに捕らわれてしまいます。

あとがきには続編があると書かれていますが、
まだ出版されていないようです。残念。


家族も友達もかけがえのないものだと実感した物語でした。


519blI89k_L.jpg




昨日今日の暖かさで近所の早咲きの桜が咲きました!
もうそんな季節なんですね~
_20170320_142026.jpg


| 村山早紀 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-03-14 (Tue)
「花咲家の怪」   村山早紀   徳間文庫

内容紹介
鍵盤に手を置くと指が自然とメロディーを奏でる。弾けないはずのピアノなのに、まるで魔法のように。そして桂は思い出す。会えないはずの少女に会った記憶を(「別れの曲」)。かすみ草を使って優しいお見舞いの花束をつくる木太郎。届け先は老いたパティシエがひとり住まう家。彼には遠い日に亡くした愛娘がいた(「火車」)。哀切で愛らしく、ほのかに怖い短編集。



いつものお話のつもりで読み始めた本。
でも何かがちょっと違う。。。

第三話の「火車」では怖さのあまり、思わず涙が…
怖さ?哀しさかな?

第四話の「約束」もちょっぴり怖いお話でした。
でも最後には心が救われたので、少しほっとしました。

第一話「別れの曲」第二話「夏の川」とともに、
全体的にいつもの作風とは違うようでしたが、
これはこれで面白かったです。


本の中にはいろいろな猫が登場します。
どの猫も可愛いのですが、
化け猫というものが存在するように、
猫には不思議な力が宿っているのでしょうね。

それにしても「火車」は怖かったです^^;


71nX75O1X5L.jpg


| 村山早紀 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-03-11 (Sat)
「我ら荒野の七重奏(セプテット)」   加納朋子   集英社

内容(「BOOK」データベースより)
子供の部活なのに…頑張るのは、親!?ハッピーな妄想から、ブルドーザー陽子の猛進が始まった!息子の中学吹奏楽部の活動に巻き込まれたワーキングマザー。子育てに卒業はない!?笑って泣ける部活エンターテインメント!



以前に読んだ「七人の敵がいる」の続編。
前作では学童保育所に通っていた息子がいよいよ中学生に・・・

そして今作でも、ミセス・ブルドーザーは大活躍をします。

猪突猛進だけれど憎めない、実は心優しい主人公に、
振り回されながらもどんどん惹かれていきます。


子どもを持つお母さんなら、きっと身に染みるお話だと思います。
笑いあり涙ありの楽しい本でした。


51kNocXhxrL.jpg


| 加納朋子 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-03-08 (Wed)
インスタグラムで、
matiさんの編み図を使ってポシェットを編んでいる作品を見つけ、
久々に編み物をしました!
とっても楽しかったです♪

ちょうど仕事の時に使うポシェットが欲しかったので、
ハンカチとティッシュが入るくらいの大きさにしました。

_20170307_232931.jpg

一気に仕上げ、さっそく今日から使っています。
ポシェットの口にはマグネットホックをつけてみました。
pixlr_20170311231710254.jpg


編み図  ATELIER*mati*さんの「麻ひもの松編みポシェット」
使用糸  ピクニック日和(毛糸ZAKKAストアーズ)04 
          綿31% 麻33% アクリル36%   
          本体で1玉 ヒモで少し
使用針  かぎ針8/0号

  底を15目で作り目し、次の細編みは4段にして、小さくしました。



先日行った福島県の高湯温泉玉子湯の湯小屋の写真です。
IMG_20170306_150316.jpg
左上が宿に到着時、右上が夕方、左下が夜、右下が翌朝です。
時間帯によっていろいろな表情を見せてくれました!
この湯小屋は古くからあるもので、中は男女で仕切られ、
湯船と脱衣場が一緒の場所にあります。
白く濁った温泉で、とても癒されました(^-^)

| ポーチ・巾着 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-03-03 (Fri)
「銀の犬」   光原百合   角川春樹事務所

内容(「BOOK」データベースより)
人々に降りかかる災厄を打ち払う「祓いの楽人」オシアン。その名は伝説の祓いの楽人と同じであり、その人間離れした音楽の才を妖精の女王ニアヴに愛され、妖精のあいだにしか伝わらないはずの数々の歌を全て口伝えに授けられたとされる人物だった。オシアンは、相棒のブランとともに世界中を旅し、この世に未練を残した魂や悪鬼、「愛を歌うもの(ガンコナー)」たちを、彼の竪琴が奏でる調べで救っていく…。ケルト民話と著者の独特の世界観が作り上げる、切なく、悲しいファンタジーミステリー。



カタカナの名前には弱く、
なかなか覚えられないまま読み進みました。
とりあえず主人公のオシアンとブランだけ覚えれば、
どうにか理解できたのがよかったです^^;

妖精や妖魔が出てくる異世界のファンタジーです。

物語は悲しく切ないものばかりですが、
竪琴の調べによって、最後はほっと優しい気持ちになれました。


オシアンやブランの正体(?)が何なのかを
想像しながら読むのも楽しかったです。
(この本の中では本当の正体は明かされません)


文庫本の表紙は、単行本の背表紙部分の絵が使われていますが、
主人公のふたりが歩いているきれいな絵ですね。
81B3NAfGefL.jpg


| 光原百合 | COM(0) | | TB(0) | |