FC2ブログ
06≪ 2018/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018-07-28 (Sat)
「忘れ物が届きます」   大崎梢   光文社

内容紹介
想い出の中に取り残されていた謎をめぐる、ミステリー珠玉集。
あの事件は、結局誰が犯人で、どう解決されて、彼や彼女はどうかかわっていたのだろう──。
知らされていなかった真相が、時を経て、意外なきっかけから解き明かされる。
多彩な趣向が味わえる、五つのミステリー。



物語の中にヒントらしきものはあるけれど、
それだけですべての謎が解けるのではなく、
最後まで読んで「ああそうか」という感じです。

謎解きを楽しむというよりも、
題名通り、忘れ物に気づくという感じなのかな。

面白くはあったけれど、
ちょっぴり物足りなさの残る作品でした。


61rdAdFH8dL.jpg



| 大崎梢 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-07-21 (Sat)
とっても久しぶりの編み物です!
matiさんのラウンドバッグを編まれている方のtwitterを見て、
編みたいと思いつつ、久しぶりだったのでまずは小物から。

予定より大きく仕上がってしまいました^^;
幅が21cmくらいあります。
ボタンも付けていません。

securedownload.jpg

針の号数を下げるか、目数を減らすかして、
もう1枚編んでみたいです!!


編み図  @atelier_matiさんの半円モチーフのポーチ
編み糸  ベーシックコットン
編み針  かぎ針 6/0号



| ポーチ・巾着 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-07-17 (Tue)
「晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)   大崎梢   東京創元社

内容(「BOOK」データベースより)
駅ビルの書店で働く杏子のもとに、長野に住む元同僚・美保から手紙が届いた。彼女の勤める地元の老舗書店に幽霊が出るようになり、おかげで店が存亡の危機にあると知らされた杏子は、アルバイトの多絵と共に信州へ赴いた。だが幽霊騒ぎだけでなく、二十七年前に老大作家が弟子に殺された事件をめぐる謎までもが二人を待っていて…。人気の本格書店ミステリ、シリーズ初長編。



出張編ということで
成風堂を離れて老舗書店まるう堂が舞台となっています。
長編なためか連作短編の時よりも
ミステリー色が強くなっている感じがしました。

私は短編のほうが好きかな。
それでも犯人捜しは楽しくて、面白かったです。

ただし登場人物が多くなっているため、
覚えるのが苦手な私は何度も前に戻って読み直してしまいましたが…

次の短編種が楽しみです!


519WtTTFKqL.jpg
私が読んだのは単行本なので表紙絵は違います。
| 大崎梢 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-07-12 (Thu)
「サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ   大崎梢   創元推理文庫

内容(「BOOK」データベースより)
「ファンの正体を見破れる店員のいる店で、サイン会を開きたい」―若手ミステリ作家のちょっと変わった要望に名乗りを上げた成風堂だが…。駅ビルの六階にある書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の鋭いアルバイト・多絵のコンビが、書店に持ち込まれるさまざまな謎に取り組んでいく。表題作を含む五編を収録した人気の本格書店ミステリ、シリーズ第三弾。



文庫本で探したため、第二弾の出張編を抜かしてしまったようです^^;
でも時系列は感じないので大丈夫かな?

本屋限定の名探偵・多絵さんが今回も大活躍です!
日常に起こりそうな事件を、鋭い視点で解き明かしてくれます。
読後感が爽やかな作品ばかりで、
気楽に読めるのがいいですね。


本は本屋で買わずもっぱら図書館で借りている身としては、
耳に痛い文章もあちこちに出てきますが、
そこは開き直って今後も借りた本を読み続けようと思います(笑)



71Oih9xVGOL.jpg


| 大崎梢 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-07-07 (Sat)
「配達あかずきん 成風堂書店事件メモ   大崎梢   東京創元社

内容(「BOOK」データベースより)
「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。初の本格書店ミステリ、第一弾。



作者が元書店員ということで、
書店の仕事について細かく描かれています。
そして書店の中で次々と謎を解いていく連作短編集です。

難しい謎ではありませんが、読後はすっきりさっぱり!
楽しめました。


書店が舞台ということで、
村山早紀さんの「桜風堂ものがたり」がちらっと頭をよぎりましたが、
まったくの別物でした。
どちらにも違う良さがあります。

巻末の書店員さんの座談会も面白かったです^^


61SG6CYWT6L.jpg



| 大崎梢 | COM(0) | | TB(0) | |