FC2ブログ
06≪ 2018/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018-07-17 (Tue)
「晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)   大崎梢   東京創元社

内容(「BOOK」データベースより)
駅ビルの書店で働く杏子のもとに、長野に住む元同僚・美保から手紙が届いた。彼女の勤める地元の老舗書店に幽霊が出るようになり、おかげで店が存亡の危機にあると知らされた杏子は、アルバイトの多絵と共に信州へ赴いた。だが幽霊騒ぎだけでなく、二十七年前に老大作家が弟子に殺された事件をめぐる謎までもが二人を待っていて…。人気の本格書店ミステリ、シリーズ初長編。



出張編ということで
成風堂を離れて老舗書店まるう堂が舞台となっています。
長編なためか連作短編の時よりも
ミステリー色が強くなっている感じがしました。

私は短編のほうが好きかな。
それでも犯人捜しは楽しくて、面白かったです。

ただし登場人物が多くなっているため、
覚えるのが苦手な私は何度も前に戻って読み直してしまいましたが…

次の短編種が楽しみです!


519WtTTFKqL.jpg
私が読んだのは単行本なので表紙絵は違います。
| 大崎梢 | COM(0) | | TB(0) | |