FC2ブログ
02≪ 2019/03 ≫04
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2019-03-16 (Sat)
「コンビニたそがれ堂 猫たちの星座   村山早紀   ポプラ文庫ピュアフル

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本当にほしいものがある人だけがたどり着ける、不思議なコンビニたそがれ堂。人生の終幕に差し掛かった周太郎さんが、街の人たちに幸せを贈る「サンタクロースの昇天」、取り壊しの決まった雑居ビルで占い師をしている女性が来し方をふりかえる「勇者のメロディ」など、他者の幸福を願って生きた人たちの顛末を描く。各話に「猫」が登場、機知にとんだユーモアで包みながら、生きること老いることの意味を温かく伝える、大人気シリーズ第8弾!



大好きなシリーズ「コンビニたそがれ堂」、しかも猫がテーマとなれば、
手に入れないわけにはいきません!
ということで購入したのですが、
涙なしには読めないと思っていたので、
家でゆっくり読もうとして、やっと今頃読了しました。

思っていた通り、涙なしでは無理でした。


しっぽの短い麦わら猫に、
ねここが話して聞かせる猫にまつわるお話。

村山早紀さんの飼っている千花ちゃんを思わせる
子猫の千春ちゃんは、
化け猫になりたがっています。
その理由は…


猫を好きでよかった!と思えるお話でした。



IMG_1136.jpg

9784591162354.jpg



| 村山早紀 | COM(0) | | TB(0) | |
2019-03-08 (Fri)
「舟を編む」   三浦しをん   光文社文庫

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
出版社の営業部員・馬締光也は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書『大渡海』の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作!



『大渡海』という辞書を作る人々を書いた作品。
章ごとに違う人の目線で描かれています。

お堅いお話なのに、なぜか感動してしまいました。
登場人物一人ひとりが丁寧に描かれているためか、
感情移入しやすいのです。
そして悪い人が出てこないのもいいですね。

1冊の辞書を作るのに、こんなにも多くの
時間と人と労力が割かれていることに驚かされました。
辞書を見る目も変わりました。


解説も、「馬締の恋文 全文公開」もよかったです。


9784334768805.jpg



| 三浦しをん | COM(0) | | TB(0) | |