FC2ブログ
08≪ 2019/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2019-09-19 (Thu)
「あきない世傳金と銀 六(本流篇)」   高田郁   ハルキ文庫

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大坂天満の互服商「五鈴屋」は、天災や大不況など度重なる危機を乗り越え、江戸進出に向けて慎重に準備を進めていた。その最中、六代目店主の智蔵が病に倒れてしまう。女房の幸は、智蔵との約束を果たすべく立ち上がった。「女名前禁止」の掟のもと、幸は如何にして五鈴屋の暖簾を守り抜くのか。果たして、商習慣もひとの気質もまるで違う江戸で「買うての幸い、売っての幸せ」を根付かせたい、との願いは叶えられるのか。新たな展開とともに商いの本流に迫る、大人気シリーズ待望の第六弾!



初恋の人でもあった六代目の智蔵が亡くなっても、
悲しみにくれる暇もなく次々と問題が持ち上がってきます。

それでも商いの戦を勝ち進むべく歩み続ける幸の強さに感動しました。


小さいながらも五鈴屋を江戸に進出させ、開店に漕ぎつけた場面は圧巻です。
店内の様子が見えるようでした。


次は跡取り問題でしょうか。
続きが楽しみです。



9784758442336.jpg


| 高田郁 | COM(0) | | TB(0) | |
2019-09-15 (Sun)
「昨日がなければ明日もない」   宮部みゆき   文藝春秋

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
杉村三郎vs.“ちょっと困った”女たち。自殺未遂をし消息を絶った主婦、訳ありの家庭の訳ありの新婦、自己中なシングルマザー。『希望荘』以来2年ぶりの杉村シリーズ第5弾!
【目次】(「BOOK」データベースより)
絶対零度/華燭/昨日がなければ明日もない



文章やストーリーは面白く読みやすかったので一気に読みました。
けれど、1話目の結末は重くて暗くて、つらかったです。
こんな人たちが存在するのかと思うと、胸糞が悪くなりました。
(↑言葉が悪くてすみません)

2話目はちょっとドタバタな感じもあって、楽しめました。

3話目は姉に人生を振り回された妹がかわいそうでした。
題名通りに、「明日もない」ままで終わらないでほしいと願います。


9784163909301.jpg


| 宮部みゆき | COM(0) | | TB(0) | |