10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-03-20 (Mon)
「黄金旋律」   村山早紀   PHP文芸文庫

内容(「BOOK」データベースより)
「約束するよ。いつかきっと、ぼくがきみを助ける」優は、臨に誓うように言った。―医師をめざす少年・臨の家に同居することになった、弱気で引っ込み思案の従兄弟・優。しかし臨の家庭も、かつて事故で兄・律が亡くなったことが影を落としていた。それでも明るく振る舞う臨だったが、その限界を迎えた時、思わぬ出来事が…。少年たちの勇気と友情が、温かい感動とさわやかな興奮を誘う冒険物語、開幕。



読み始めた時、以前読んだことがあるような気がして
いろいろ過去の備忘録を探してみましたが見つからず…
読み進めるうちに既読感もなくなりました。
あれは何だったのでしょうか。
読みかけて止めてしまったのかな~

第一章の「廃墟の夢」の後半から第二章の「復活」まで
涙涙の連続でした^^;
子を持つ親の気持ち、親に好かれたいと思う子の気持ち。。。
痛いほどよくわかります。

第三章の「光」になって、ようやく冒険小説らしくなってきます。
ここからはわくわく感が味わえますが、
今度は、次はどうなるのだろうという気持ちに捕らわれてしまいます。

あとがきには続編があると書かれていますが、
まだ出版されていないようです。残念。


家族も友達もかけがえのないものだと実感した物語でした。


519blI89k_L.jpg




昨日今日の暖かさで近所の早咲きの桜が咲きました!
もうそんな季節なんですね~
_20170320_142026.jpg


関連記事
| 村山早紀 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する