09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-04-09 (Sun)
「あきない世傳 金と銀 (二) 早瀬篇」   高田郁   ハルキ文庫

学者の娘として生まれ、今は大坂天満の呉服商「五鈴屋」に女衆として奉公する主人公、幸。十四歳の幸に、店主徳兵衛の後添いに、との話が持ち上がった。店主は放蕩三昧で、五鈴屋は危機に瀕している。あきない戦国時代とも呼べる厳しい時代に、幸はどのような道を選ぶのか。シリーズ第二弾!


まだ十四歳の幸。
この時代の十四歳は数えだと思うので、実際には十二・三歳かな。
いくらしっかりした考えを持つ聡い女の子だとしても、
まだまだ子どもの年頃の幸に決断させるのは、過酷だと感じました。

でもそれを乗り越えていく幸の力強さに感銘を受けます。

聡いだけではなく、心優しい幸に「幸あれ!」と願わずにはいられません。
続編がとても楽しみです。


81kKyba_AJL.jpg


昨日、高幡不動尊へ桜を見に行きました。
花曇りだったので、暗い写真しか撮れなかったのが残念です。
_20170408_175838.jpg

_20170408_175543.jpg

_20170408_175150.jpg


関連記事
| 高田郁 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する