FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018-10-14 (Sun)
「誰かが足りない」   宮下奈都   双葉文庫

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
おいしいと評判のレストラン「ハライ」に、同じ時に訪れた6組の客の物語。仕事に納得がいっていない。認知症の症状がではじめた。ビデオを撮っていないと部屋の外に出られない。人の失敗の匂いをかぎとってしまうー「足りない」を抱える事情はさまざまだが、前を向いて一歩踏み出そうとする時、おいしい料理とともに始めたい。決心までの心の裡を丁寧に掬いあげ、本屋大賞にノミネートされた感動作。



本の裏表紙に書かれている内容紹介とは
ちょっと違って感じられたお話でした。

「同じ時に訪れた」というより「予約した」ですし、
感動作というほど感動しなかったのです。
ただ単に私の読み方が浅いからなのだとは思いますが…

最後の場面で、
予約ではなく本当に訪れた後の会話なども読んでみたかったです。
それだと「誰かが足りない」にはならないのでしょうね。


9784575517170.jpg


関連記事
| 読んだ本・その他 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する