FC2ブログ
01≪ 2020/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2019-02-02 (Sat)
「まひるまの星」紅雲町珈琲屋こよみ   吉永南央   文春文庫

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
紅雲町では山車蔵の移転問題が持ち上がり、お草が営む小蔵屋の敷地が第一候補に。話し合いが必要だが、お草は母の言いつけで「うなぎの小川」とは絶縁状態で、話し合いができない。かつては親友だった女将と亡母の間に、なにがあったのか。紅雲町を歩き回るうち、お草は町全体に関わる重い事実にたどり着く。シリーズ第5弾。



シリーズも5冊目となると登場人物もわかっているので、
とても読みやすいです。
今回はちょっと大きな話になっていますが…

亡き母とその親友の仲違いの原因をたどるうちに、
大きな問題がその陰に潜んでいることに気づき、
問題解決を図ろうとするお草さん。
相手の家族関係にもその問題は関わっていました。


最後は大団円となり、ほっとします。


毎回、表紙絵のお草さんがいい味を出していますね。



9784167910303.jpg



関連記事
| 吉永南央 | COM(1) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する